宍道湖・中海域推定濁度分布図


遠隔計測研究室では、 人工衛星に搭載された観測機器を用いて宍道湖・中海の濁度分布図を作成し、 1日遅れ程度の準リアルタイムで公開しております。

人工衛星 TERRA・AQUA には MODIS (中分解能撮像分光放射計) という光学観測装置が搭載されていて、 1日に一度程度宍道湖・中海上空を通過する際に 0.4〜14μmの範囲の36波長帯で観測が行われています。 観測データはすぐに JAXA (宇宙航空研究開発機構)で処理された後に 反射率データとして公開されています。 遠隔計測研究室では、 1日に一度この反射率データをネットワーク経由で自動的に取得して、 濁度に変換して分布図を作成し、 本サイトに掲載しています。 その際、 JAXA提供データに含まれる数km程度の位置のずれを自動的に修正しています。 本サイトに掲載されている濁度分布の水平分解能は250mです。

NEWS 2013.08.26 データ転送トラブルにより自動処理が停止しておりましたが、 トラブルが解決し、処理を再開いたしました。 過去の観測データについては少しずつ処理を進めて掲載予定です。

2012.07.25 年月を選択しやすくするために表形式に表示を変更しました。

2012.06.22 人間の眼で見た状況に近い可視画像については、 しばらく作成を停止していましたが、公開を再開いたしました。 過去の観測データについても処理を進めて掲載予定です。


推定濁度分布の例 (2008年7月4日)


この下の各月のリンクには、 天候条件の比較的悪いデータも含めた月毎の全観測データが 掲載されています。

200801 200802 200803 200804 200805 200806
200807 200808 200809 200810 200811 200812
200901 200902 200903 200904 200905 200906
200907 200908 200909 200910 200911 200912
201001 201002 201003 201004 201005 201006
201007 201008 201009 201010 201011 201012
201101 201102 201103 201104 201105 201106
201107 201108 201109 201110 201111 201112
201201 201202 201203 201204 201205 201206
201207 201208 201209 201210 201211 201212
201301 201302 201303 201304 201305 201306
201307 201308 201309 201310 201311 201312
201401 201402 201403 201404 201405 201406
201407 201408 201409 201410 201411 201412
201501 201502 201503 201504 201505 201506
201507 201508 201509 201510 201511 201512
201601 201602 201603 201604 201605 201606
201607 201608 201609 201610 201611 201612
201701 201702 201703 201704 201705 201706
201708

比較的良好な観測データの一覧はこちら。

問い合わせ先:
島根大学 総合理工学部
電子制御システム工学科
遠隔計測研究室
E-mail: shimomai@ecs.shimane-u.ac.jp

本サイト開設に至る関連研究についてはこちら。

本サイトは、 オブジェクト指向スクリプト言語 Ruby をデータ解析、可視化、数値シミュレーションに使うプロジェクト 電脳Ruby を用いて構築しております。

謝辞
MODISの大気上端反射率データは宇宙航空研究開発機構から、 現場観測データは国土交通省中国地方整備局出雲河川事務所から 提供を受けました。 開発にあたり、 島根大学汽水域研究センター、 広島大学大学院工学研究科作野裕司博士からご指導、ご支援を受けました。