生存圏シンポジウム
「赤道域対流圏・成層圏結合に関する研究集会」
(コンビーナー 古津年章)

日時: 2006年3月22日(水) 9:30 - 17:30
場所:京都大学生存圏研究所 1階 遠隔講義室 (HS109)

9:30 - 9:40 コンビーナー挨拶
9:40 - 9:55 下舞豊志(島根大学)
電離圏シンチレーション指数変動とTRMM 3B42降雨量データ比較の試み
9:55 - 10:10 大塚雄一(名大・STEL)
電離圏プラズマバブルと下層・中層大気との関係
10:10 - 10:25 堀之内武 (京大・RISH)
TIMED-SABERデータへのFFSM法の適用とCPEA用データ整備
10:25 - 10:40 堀之内武 (京大・RISH)
CPEA-Iキャンペーン時の積雲対流と重力波のシミュレーション
10:40 - 10:55 < 休憩 >
10:55 - 11:10 長澤親生(代読:阿保真)(首都大学東京)
ライダーによる赤道域成層圏のエアロゾル層と温度の観測
11:10 - 11:25 阿保 真 (首都大学東京)
ライダー観測によるコトタバンにおける雲発生頻度climatology
11:25 - 11:40 阿保 真 (首都大学東京)
CPEA-II期間中の水蒸気ラマンライダーとゾ ンデデータの比較
11:40 - 11:55 M. V. Ratnam(京大・RISH)
Gravity wave characteristics over equator observed during 1st CPEA campaign using simultaneous multiple station’s data
11:55 - 12:10 S. Sridharan(京大・RISH)
7-day Kelvin wave in the tropical atmosphere during CPEA campaign period
12:10 - 13:20 < 昼休み >
13:20 - 13:35 古本淳一 (京大・RISH)
Quick look of CPEA-II radiosonde results A
S. Alexander (京大・RISH)
Quick look of CPEA-II radiosonde results B
13:35 - 13:50 中村卓司 (京大・RISH)
CPEA-II期間の1日周期振動
13:50 - 14:05 村田文絵 (地球研)
CPEA-II期間中の乾燥貫入の状況について
14:05 - 14:20 橋口典子(京大・RISH)
CPEA-II期間中におけるインドネシアGTSゾンデデータについて
14:20 - 14:35 児玉安正(弘前大学)
Convective activity over the Indonesian maritime continent during CPEA-I as evaluated by lightning activity and Q1 and Q2 profiles
14:35 - 14:50 < 休憩 >
14:50 - 15:05 柴垣佳明(大阪電通大学)
CPEA-Iキャンペーン期間にインドネシア海洋大陸で観測された スーパークラウドクラスタのevolutionとそれに関連した風速場
15:05 - 15:20 川島正行(北大・ILTS)
XDRで観測されたCPEA-I 期間中の対流活動について
15:20 - 15:35 山本真之(京大・RISH)
赤道大気レーダーによる鉛直流観測: これまでの観測結果とこれからの課題
15:35 - 15:50 西 憲敬(京大院理)
EARを用いた対流圏中上部対流圏における鉛直流詳細構造の解析
15:50 - 16:05 佐藤 亨(京大情報学研究科)
対流圏マルチスタティック観測の概要と解析の現状
16:05 - 16:20 < 休憩 >
16:20 - 16:35 Gernot Hassenpflug (京大・RISH)
Turbulence observed using Range Range-imaging with the EAR imaging with the EAR
16:35 - 17:20 中村卓司(京大・RISH)
上下結合について今後取り組むべき課題(議論)
17:20 - 17:30 挨拶 深尾昌一郎(京大・RISH)