English
CPEA (Coupling Process of Equatorial Atmosphere)
科学研究費補助金 特定領域研究 赤道大気上下結合(課題 A03)

赤道域における対流雲発生機構と降水システムの研究

Updated on June 9, 2007

EAR (Equatorial Atmosphere Radar) を中心にして 熱帯積雲対流活動を総合的に観測し、 積雲スケール(数km)からグローバルスケールに至る 積雲対流活動の階層性と組織化ならびに大気上部へ 影響を及ぼすと考えられる対流圏起源の大気波動の 振舞を明らかにすることを目指しています。

トピックス

概要 進捗状況 観測システム 観測データ 成果 ドキュメント 研究メンバー

右の図は,スマトラ島コトタバン(南緯0.32度, 東経100.32度,海抜約850m)を中心とした対流活動と大気上層への影響,地球 規模の大気循環との関連を模式的に表したものです.(原図作成:京大RASC堀 之内助手)



連絡先

〒690-8504島根県松江市西川津町1060 島根大学総合理工学部電子制御システム 工学科
古津年章:電話[0852-32-6258], FAX[0852-32-8909 or 32-6843] e-mail: kozu @ecs.shimane-u.ac.jp
下舞豊志:電話[0852-32-6843], FAX[0852-32-8909 or 32-6843] e-mail: shimomai @ecs.shimane-u.ac.jp